ストレッチ施設・マッサージ施設 使用方法

肩こりや腰痛、疲労、痛み、不眠、様々な目的で、ストレッチ施設やマッサージ施設に患者さんが来られていることと思います。

日頃、手技で施術をされていることと思いますが、施術前に動的ストレッチマシン Reflexibleを患者さんに使用いただくことで、血行が促進し、酸素と栄養の供給量が増え、ミルキングアクション(筋肉ポンプ)の作用により、静脈の心臓へ戻る血流を手助けするので、二酸化炭素や老廃物、疲労物質の除去を促進し、筋肉の柔軟性が高まるので、施術した時の効き方が違う…、インナーを伸ばしやすくなった…というご意見を施術者よりお聞きすることが多く見受けられます。

また、早期に見られる効果としまして、運動・動作機能改善、柔軟性向上、関節可動域拡大、運動神経伝達、冷え性の改善、怪我の回復などがあります。

肩こりや腰痛の改善・緩和に使用されるケースも多いです。

Reflexibleは、指1本で動かせる低負荷を用い脱力しながら行う動的ストレッチで、肩甲骨、肩関節、股関節、脊柱を動かし、その周辺筋肉をリラックスさせた状態で弛緩・収縮させるので、全身の筋肉が緩み、柔軟性が向上し、関節可動域が広がります。

肩こりに至っては、主にショルダーウイングアッパーボディモーションを使用して、僧帽筋、広背筋、菱形筋への血行を促進し、疲労物質・老廃物を除去するので改善・緩和に繋がったり、腰痛に限っては、ハムストリングスや殿筋の張りや緊張が原因の患者様には、GHC-EX45のマシンで軽く屈伸運動を20回位行うことで、ハムストリングスや殿筋の緊張が取れ(または緩和し)、瞬時に驚くほど改善・緩和を感じられる方が多いです。

また、Reflexibleで行う積極的休養(アクティブレスト)は、セロトニンを分泌させ、適正な量を保つことで自律神経のバランスを整える効果も期待できますので、心身のコンディションを整えることもできます。

低体力者でも無理なく安心して行うことができ、施術前にご使用いただくことで、相乗効果を上げることができます。

ベッド横の空きスペースにReflexibleを数台設置することで、月額会員制や都度利用料でご利用いただいたり、月額会員費でReflexibleが使い放題+月1回30分の施術付き会員などで患者様にご提供されている施設様もございます。

Reflexibleは、ストレッチ施設・マッサージ施設にとりまして、効果的なストレッチマシンです。